介護施設に転職する看護師のメリット・デメリット

おしごと畑

看護師の職場というと病院・クリニック・大学病院といったものがまず思い浮かぶと思います。
しかし、看護師専用の求人サイト等をみていると、介護施設で働く看護師を募集している求人というものを多数見ます。

 

こういった求人の特徴は、小さな病院の看護師よりも給料がよく福利厚生が充実しているということがあげられます。
こういったことから介護施設へ転職する看護師も増えているそうです。

 

待遇のよさがメリットとなることに加えて自分の裁量で働ける部分が多くなるということにも魅力を感じているようです。

 

しかし、あまりに若い看護師の介護施設への転職というものはスキルアップを考えるとデメリットにもなりうるということは知っておく必要があります。

 

ある程度研修内容やスキルアップ制度が充実している病院であれば、仕事を続けていくうちに専門看護や認定看護、といったものも見えてきますが、介護施設で看護師として働くといった場合にはどうしても研修や研究といった面で大規模病院には劣るということは知っておく必要があります。

 

それでも報酬をまず優先したいと考えている方にとっては介護施設への転職というものはおすすめできます。

 

介護施設への転職が豊富で「無料研修」「保育料半額制度」も魅力おしごと畑

 


訪問介護の看護師の仕事

看護師,転職,介護施設

自宅で療養しているという人や、高齢などで身体の自由が利かない人の所に出向いて日常生活のお世話などをする事を「訪問介護」と言います。
訪問介護員は、都道府県知事が指定する研修課程等を修了した者に与えられる認定であり、国家資格ではありません。

 

講習には、訪問介護事業所の責任者として、後輩の育成・指導、利用者とヘルパーとのコーディネート等ができる1級と、取得後実務経験3年以上(1級養成講習受講資格および介護福祉士受験資格付与)で介護において身体介護や家事援助、サービス提供責任者ができる2級とがあります。

 

2級以上の資格者は、自動的に福祉用具専門相談員となります。
また、ガイドヘルパー(知的障害者専門)の資格も付与されます。
視覚障害者、全身性身体障害者へのガイドヘルプは別途講習受講が必要ですが、自治体毎の方針により全ての障害者について認める地域もあります。

 

訪問介護員が行う介護サービスには食事や入浴、排泄等の支援などの「身体介護」と、外出支援などの「移動介助」が含まれます。
また、調理、洗濯、買い物等の援助や代行も家事援助サービスとして行います。
求人情報も多いですが知り合いのツテを利用して、職探しをする方もいます。


看護師,転職,介護施設看護師求人サイトの選び方を詳しく解説!

↓↓↓

看護師求人ランキング

北海道・東北エリア 北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東エリア 東京神奈川埼玉千葉栃木群馬茨城
東海エリア 愛知岐阜静岡三重
近畿エリア 大阪兵庫奈良京都滋賀和歌山
北陸・甲信エリア 富山石川 福井新潟長野山梨
中国エリア 広島鳥取島根岡山山口
四国エリア 徳島香川愛媛高知
九州・沖縄エリア 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄